元タンクローリー乗務員から見たコスモ石油ハイオク虚偽表示ニュース

雑記

毎日新聞2020年6月、ハイオク虚偽表示のニュースを見て一般の消費者の皆さんは驚いているかもしれませんね。しかし、石油を運ぶ側、出荷する側からすれば皆「なにを今さら」と言った感覚だと思います。店舗スタッフなど販売する側の一部で知らない人もいたかもしれませんが。自分は、石油タンクローリー会社に入社した直後、この事に気が付きました。まず、ENEOSの出荷基地(製油所・油槽所)に積みに来るのがENEOSだけでなく、出光興産のタンクローリー。この時点で違和感なのですが、10ヶ所以上ある積み込みラック(写真参照・油を積む設備)は各社に指定はありません。そして、油種は4種類ありますが【レギュラー・ハイオク・軽油・灯油】の4つの表記。つまりどの会社のローリーが、どのラックで積んでも【ハイオク】はハイオクしかないのです。しかし、ハイオクには、石油元売り各社ではそれぞれENEOSがヴィーゴ、出光興産がゼアス、それぞれエンジンの洗浄性能などを謳った製品を販売していました。運んでる立場としては正直「これは詐欺なのでは?」と、率直に感じました。しかし、あまりにも堂々と各出荷基地に複数の会社のローリーが入構し、世間でもなんら問題視されていないので「もしかしたら自分が細かい事を考え過ぎなのでは?」と、さえ思っていました(笑)石油業界にまったく関わりのない人でも出荷基地の正門前に立っていれば誰でも違和感を覚えるとは思います。神奈川県川崎市所在の東亜石油は昭和シェル石油(現在は出光興産が子会社化)が出資する出荷基地ですが、シェルのマーク車だけでなく、コスモ石油のマーク車も積み込みして出荷されています。しかし石油業界では「バーター出荷」として全国的に当たり前の事だったりします。

 

※余談ですが、ENEOSは日本石油~新日本石油~JX日鉱日石エネルギー~JXTGエネルギーを経て、現社名のENEOS。持株会社がENEOSホールディングスに変更になっています。20年前にはそれぞれ存在していた三菱石油、JOMO、九州石油、東燃ゼネラル、ESSO、モービル、三井石油が、現在はENEOSとゆうオレンジ色の看板のガソリンスタンド1つに統合されています。

ガソリンスタンドの所長も知らない?

============================================

「青天のへきれきです。ごちゃ混ぜだったなんて」。自動車用品販売店で働く男性(29)は驚きの声を上げた。大学卒業後に手に入れたスポーツカーにコスモ石油の「スーパーマグナム」を入れ続けてきた。各社のホームページで性能を確認したり、全社のハイオクを試したりしたが、アクセルを踏んだ時のレスポンスが最も良かったのがコスモだったという。「裏切られた気持ち。混ぜてもばれないと思ったのでは」と不信感をあらわにした。

 「30年以上、スタンドの責任者をしてきたが、性能に差がなかったとは……」。大阪府で「ENEOS」の看板を掲げるスタンドの所長も驚く。お客さんから「アクセルを踏み込んだ時の出だしが他社と違う」「燃費が一番いい」と褒められるのがうれしかった。「ENEOSのハイオクは世界一だ」と言ってくれる客もいて、「そうでしょ」と胸を張っていたという。

※毎日新聞2020年6月27日配信

============================================

報道に登場する特約店店主と消費者のように各社ハイオクの性能を広告の謳い文句を額面通りに信じていた方々にとっては裏切られたとゆう印象ですよね

コスモ石油

============================================

石油元売り3位のコスモ石油が「スーパーマグナム」のブランドで販売するハイオクガソリンについて、エンジンの汚れを取り除く添加剤が入っていないのに10年以上、「使い続けるほどにきれいにしてくれる」と虚偽の性能を公式ホームページ(HP)に記載していたことが判明した。同社は毎日新聞の取材に記載内容が不適切だったことを認め、4月にHPを修正した。

============================================

※毎日新聞2020年6月28日配信

キグナス石油

============================================

石油元売りのキグナス石油が「α―100」のブランドで販売するハイオクガソリンについて、オクタン価が100ではないのにホームページ(HP)で「オクタン価は100」と虚偽の宣伝をしていた。キグナスは毎日新聞の指摘を受け、4月にHPを修正した。エンジンの汚れを取り除く添加剤が入っていないのに10年以上、実態と異なる宣伝をしていたコスモ石油に続き、元売りの虚偽宣伝が判明した。

============================================

※毎日新聞2020年6月29日配信

そろそも虚偽はいつから?

2000年に雪印食品偽装、2013年にホテル各社食材偽装など色んな偽装がありましたが、これだけの長い間、発覚しなかったのが逆に不思議です。調べてみると、無鉛ハイオクガソリンは1983年に出光興産と日本石油(現在のENEOS)で販売し他社も追随したようですね。虚偽はいつからなのか、真実は出てこないでしょう。私見ですが、時代背景を考えても販売開始当初から性能は疑わしいですね(笑)そもそも無印のスタンドなどでは、ハイオクを給油したつもりでもレギュラーが給油されている可能性すら否定できません。疑ってしまえばキリがないですね。性能が目に見えにくいガソリンの販売だけに信用を失った以上、疑われてしまうのは仕方ないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました