土屋鞄製造所のヌメ革財布を5年使ったエイジング画像

雑記

かれこれ10年以上、土屋鞄製造所の革製品を愛用しています。最初に購入したのは2007年。長財布(廃版)から始まり、キーケース、小銭入れ、長財布、二つ折り財布、携帯ストラップ、名刺入れなど色々と買っていきました。ふだんカバンを持たない生活スタイルなので財布などの小物が中心です。

今回は2015年購入のコンフィオヌメ革長財布(廃版)です。18000円で新品をオンラインショップにて購入しました。余談ですが土屋鞄製品はこの10年間でジワリジワリと値上がりしています。テレビドラマに使われて人気が高まったり、実店舗もかなり増えたりと会社としても成長していて嬉しいです。海外のお高いブランドには負けないで頑張ってほしいです。

 

さて、エイジングを文字で伝える事はむずかしいので写真をご紹介します。

2015年7月 購入時

 

 

2020年7月 5年経過時

使用状況

実はこの財布は、外に持ち出した事がありません。2007年にも旧デザインのコンフィオヌメ革長財布を購入しケツポケットに入れて使用していました。ガンガン使ってエイジングを楽しみたかったのです。が、やはりズボンのポケットに入れて使っているとダメージも相当です。小銭やカードといった堅いものを挟みつつイスに座ったりして自分の体重が加わるわけですから。それに加えてポケットから財布がはみ出した状態で車の乗り降りを繰り返していたので角が折れ曲がったりしてしまったのです。結果的に2年ほど使用してヤフオクで売却しました。

現在、使用している2代目は革のエイジングをいわば育てるつもりで買ったので小銭入れにコインを入れた事もありません。時々、陽の当たる窓際に置いて日焼けさせたりしたせいか、かなり色が変わっています。

財布の痛み具合は使い方しだいだと思いますが、スーツの内ポケットやカバンに入れて使用すればかなり長持ちすると思います。

売却した旧デザイン

昔の長財布はこういったカードの入れ方が主流でしたね。小銭入れファスナーの取っ手部分が旧デザインは金属製でした。こちらは16000円でした。

まとめ

ここまで紹介しておいて申し訳ないんですが、土屋鞄製造所のラインナップには現在、コンフィオヌメ革は存在しません。3年前ぐらいにホームページから消えてしまいました。お値段も手頃で販売が再開されれば是非買いたいですが、今後もう販売されないかもしれません。同じくヌメ革といえばLファスナーでお馴染みのナチューラヌメ革という別のラインナップがあります。エイジングを育てるという意味では、その他の革よりもヌメ革のほうが楽しめると思いますので個人的にはオススメです。ヌメ革は感触がなんともいえず気持ちいいです。さらに5年経過してもまだまだ革の匂いは十分に残っています。

その他にコードバンの財布も5年ほど使用した事があるのでそのうち記事にしてみたいと思います。

今後も大切に保管して、さらに5年後、10年後にどう変化していくのかを楽しみにしています。

同じく土屋鞄製造所のコードバン財布も5年保有していて、記事にしていますので是非読んでみてください。土屋鞄製造所のコードバン財布を5年使ったエイジング画像

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました