牽引免許【けん引免許】の取得は一発よりも教習所がオススメ

トラック運転手

趣味でジェットスキーやボートを牽引するにも、仕事でスキルアップしてトレーラーを運転するにも必要なのがけん引免許です。街中を走る大きなトレーラーを見て特殊なスキルだと思うかもしれませんが、意外とそんな事もありません。「いつか乗りたい」「トレーラーの会社に就職したい」場合でもとにかく最初に必要なのは免許です。免許を取るには教習所か一発試験かの2択になりますが、圧倒的に簡単で早い教習所をオススメします。

教習所へ行くのは9回だけ

けん引免許を取得するには、普通自動車免許や大型自動車免許を所持している事が前提ですので、学科教習はありません。技能教習は12時間。つまり1日に2時間ずつ予約をして教習所に通えば、6回行けば技能教習が終了します。(1日上限2時間と法令により定められております。)その他、初回申込時に1回、入校式に1回、卒業検定に1回。最短で合計9回通えば終了です。最後に住所地の免許センターにて免許証の交付を受けて免許取得となります。

  1. 入校の申し込み
  2. 入校式
  3. 技能講習2時間
  4. 技能講習2時間
  5. 技能講習2時間
  6. 技能講習2時間
  7. 技能講習2時間
  8. 技能講習2時間
  9. 卒業検定

以上、全部で9回の通学です。1回通学して丸一日つぶれる事はありません。入校の申し込みなどは視力検査をして30分程度。卒業検定でも最大3時間程度の拘束時間で済みます。

一発試験のほうが安いのでは?

はい、確かに運転免許試験場で一発試験で合格すれば費用は格段に安いです。実際に6,000円程度の受験費用で取得可能です。

ただし、一発試験と呼ばれる試験場での試験で1回で合格するケースは極めて稀です。というか聞いた事がありません。さらに大型1種、普通2種などと異なりけん引の方向転換(バック)は相当難易度が高く、初めて挑戦してバックが成功する事はあり得ないと断言できます。過去に750kg以下の被けん引車のけん引経験があり、なおかつバックの経験も豊富にある等の特殊なケースを除けば何度も運転免許試験場に通う事が必須と言えます。

けん引免許は教習所がオススメ

自宅から最寄りの運転免許試験場への距離にもよるかと思いますが、いつ合格するかわからない一発試験で5回、10回と挑戦するのであれば、教習所に9回通ってとっとと終わらせましょう。「また落ちた・・・いつ取れるのか・・・」とゆう絶望感を味わう事もありません。さらに一発試験は都道府県の各試験場により異なり、毎日けん引免許の技能試験を実施しているとは限りません。さらに、予約が必要な試験場も多いです。時間的にも費用的にもどこまで負担するかも本人の能力しだいです。

学生が集中する3月の普通自動車免許や需要の高い大型1種などと違い、けん引免許はニーズがそこまで高くないので技能教習の予約は希望通りの日時で最短でサクサク進む可能性が高いです。「この曜日の夕方に技能教習を予約したいけどいっぱいで入れられない」なんて事は一度もありませんでした。まあ、この辺の混雑具合は教習所毎に違うと思います。

教習所は難しい?

すでに普通免許を取得している方ならば記憶にあるかと思いますが、教習所のバックは完全マニュアル化されていて、簡単です。自分が通った牽引免許を取った教習所の例ですと、まずバックを開始するスタート地点に小さな轍(わだち)が出来ています。右フロントタイヤをその轍に落ちたところで車を止めてバックを開始します。ハンドルを半回転回して後退し、右後方のポールの何本目が数えたらハンドルを戻して・・・・・と、いった感じで完全マニュアル化されていますのでとりあえずは誰でも卒業検定には合格出来ます。その後、仕事に就いて苦労しながら実践で覚えるのは普通免許、大型免許と同様です。直線バックのように高度な技術を要する内容は教習にも卒業検定にもありません。

教習所の費用

一般的に通学で150,000円~170,000円です。以下で解説する「教育訓練給付制度」を使えば実質13万円程度で取得可能です。

教育訓練給付制度を活用

雇用を安定させ再就職を促す事を目的にした雇用保険の給付制度です。自動車教習所に支払った教習費用の一部が補助金として支給されます。簡単に説明すると一旦自費で全額を教習所に支払い、その後ハローワークを通じて一部のお金が戻ってくる制度です。けん引免許ですとだいたい3万円程度戻ってきます。

以下、注意点です。

  • 受給対象者は雇用の件に1年以上加入しており、前職を離職してから1年以内の人。
  • 過去に教育訓練給付金制度を受給した人は、3年以上雇用保険に加入し前回受給から3年以上経過している事。
  • この制度が利用できる教習所は限られているのであらかじめ確認する必要がある。

まとめ

けん引免許は13万円・9回の通学でサクっと教習所で取得しましょう!

 

※13万円とは、教育訓練給付制度を利用した金額です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました