タンクローリーが過積載???

雑記

「このタンクローリー過積載じゃん!」

友達と二人で車に乗っていたら信号待ちで前のタンクローリーを指差して友達が放った一言です。

危険物の資格を取ってタンクローリーに乗る前の自分もそういえば同じ事を思っていました。まずは下の写真をご覧ください。

【無印ローリー】 最大積載量20400kg  最大数量24kL(24000リットル)

右下の最大数量24klの標示が、最大24000リットルの液体を積めるタンクとゆう意味です。タンクの真ん中にある最大積載量20400kgが、トラックでお馴染みの積める重さの最大値です。

主な石油類の比重

危険物の比重とは、水の質量との比です。比重は液比重の事を指し、水より重いか軽いかを表します。水より重ければ1.0以上になり、水より軽ければ0.9以下になります。勘のいい人はもうこの時点で分かってしまいますよね。

ガソリン 0.75程度

灯油  0.80程度

軽油  0.85程度

危険物24000リットルの重量

無印ローリーの写真は、最大数量24000リットルのタンクローリーです。最大積載量20400kgの、このタンクローリーに「水」を満載してしまうと重量が24000kgになり、3600kgの重量オーバーになってしまいます。しかし危険物の比重は水より軽いです。なので仮に一番比重が重い軽油を満載しても24000リットル×0.85 = 20400Kgとなり最大積載量をクリアしています。

ガソリン 24000リットル = 18000kg
灯油 24000リットル = 19200kg
軽油 24000リットル = 20400kg
画像の無印ローリーの積載は灯油20000リットルなので、重量は16000kgで全然問題ないですね。

応用編

今度は、エネオスのタンクローリーを御覧ください。

【ENEOS】 最大積載量15700kg  最大数量20kL(20000リットル)

1枚目の無印ローリーは24キロ車でしたが、やや小さくなり20キロ車です。右下の最大数量20klの標示が、最大20000リットルの液体を積めるタンクとゆう意味です。ENEOSのロゴの下の最大積載量15700kgがトラックでもお馴染み、積める重さの最大値です。

ENEOSローリー積み荷の重量

では、ENEOSローリーの重量を計算してみましょう。混載表示版にあるように1・2・4・5・6番槽の軽油が合計14キロリットル。3番槽のガソリンが2キロリットル。この比重を計算すると

軽油 14000リットル = 11900kg
ガソリン 2000リットル = 1500kg
と、なりますので合計は 11900 + 1500 = 13400kgとなります。最大積載量15700kgに対して重量13400kgなのでまったく問題ありません。

重量オーバーの例

ENEOSローリーの画像の積載状態は問題ありません。ですが、油種が変わると問題が出てくる場合があります。
  1. 灯油 20000リットル = 16000kg
  2. 軽油 20000リットル = 17000kg
  3. 軽油 18000リットル+ガソリン2000リットル = 16800kg
  4. 軽油 16000リットル+ガソリン4000リットル = 16600kg
  5. 軽油 14000リットル+ガソリン6000リットル = 16400kg
  6. 軽油 12000リットル+ガソリン8000リットル = 16200kg
  7. 軽油 10000リットル+ガソリン10000リットル = 16000kg
  8. 軽油 8000リットル+ガソリン12000リットル = 15800kg

上記8つの積載状態は、最大積載量15700kgのENEOSローリーでは、すべて重量オーバーでアウトです。この記事を書いていて、思い出したんですが、どうも軽油が多く出るSS向けでは3番や4番ぐらいの積み荷になっていて重量もオーバーしていたような気がします・・・。

まとめ

2008年に起きた首都高速5号線での横転事故のように、危険物を積んでいるタンクローリーが起こす事故は社会的影響が甚大です。わずかでも過積載をして事故が起きた場合には直接の原因でなくても批判が一気に集中し、億単位の賠償額になってしまいます。
若い時に危険物の試験を受けて以降、比重の話なんて忘れている人も多いと思います。危険物を取り扱う仕事に従事していても、ガソリンスタンドに勤めていれば販売や営業スキルのほうにウェイトを置いて日々過ごしているので試験の内容なんて忘れてるのがフツーだと思います。渋滞や信号待ちでタンクローリーが前にいたら雑学程度に思い出してみてください。
タンクローリーの仕事に興味があったら読んでみてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました