色んな種類のタンクローリー運転手【仕事紹介】と【資格】まとめ

トラック運転手

体力的な負担や給料面を考えて、タンクローリーに乗ってみたいけど種類が多くてよくわからない。必要な資格も勤務形態など、色んな種類のタンクローリーの仕事について解説してみます。

タンクローリーの種類

ガソリンスタンドマーク車【白油】

【必須資格】大型自動車免許、けん引免許、乙種第4類危険物取扱者

エネオス、コスモ石油などの石油元売会社のマーク・ロゴのあるタンクローリーです。白油と呼ばれる灯油、軽油、ガソリンを積んで主にガソリンスタンドへの配送。その他、病院、バス会社車庫、運送会社車庫などへも配送します。長距離の運行はありません。1人の乗務員が1台を専属で乗る事はなく、毎日車両が変わります。トラックが好きで、ハンドルカバーをつけたり内装をカスタマイズしたいってゆうタイプの人には不向きですね。大半の都市部でシフトと呼ばれる昼夜交代の勤務で働いています。ざっくり言うと日勤は3時~12時、夜勤は13時~0時で、交代のサイクルも1週間だったり2週間だったりで、経験談としてはキツいです。一部、地方都市では日勤のみだったりします。

ガソリンスタンド【ノーマーク】

【必須資格】大型自動車免許、けん引免許、乙種第4類危険物取扱者

無印ローリーと呼んだりしますが、呼んで字のごとく、タンクの部分に石油元売会社(エネオス、コスモ石油など)のマーク・ロゴがありません。完全に無印の白色の場合やタンクローリー輸送会社のロゴや社名(ニヤクコーポレーションなど)が入っている場合もあります。粗悪な燃料?などと勘違いしている人もいますが、基本的にマーク車と同じ出荷基地で製品を積んでいます。同じく白油と呼ばれる灯油、軽油、ガソリンを配送します。配送先は無印スタンドと呼ばれるノンブランドの独立系ガソリンスタンドや病院、バス会社車庫、運送会社車庫などへも配送します。こちらも長距離の運行はありません。白油マーク車のように昼夜交代勤務はありません。ただし早朝に出勤をして拘束時間は長めになる傾向です。

ガソリンスタンドマーク車【黒油】

JOGMEC石油天然ガス・金属鉱物資源機構 用語一覧より

【必須資格】大型自動車免許、乙種第4類危険物取扱者

重油を配送します。なぜか石油元売会社などでは重油の事を黒油と呼びます。こちらも長距離の運行はありません。昼夜交代勤務もありません。重油配送専門のローリー会社とゆうのは聞いた事がないです。ガソリンスタンド系のローリー全てに言える事ですが、1つの運送会社でマーク車、ノーマーク、重油と全て保有していて乗り回しで各車両に乗務するケースが多いです。

ケミカルローリー

【必須資格】大型自動車免許、乙種第4類危険物取扱者

ステンレス製のタンク形状で、後ろを走ると鏡のように自分の車が反射するアレですね。エチルメチルケトンなど一般に聞き馴染みのない化成品など数多くの液体が存在します。液体の種類によってタンクの洗浄が必要になります。液体ごとに車両を割り振っていて乗務員が交代するパターンや、1人1台に固定してタンク洗浄をして積荷の変動に対応するケースなど様々です。関東~関西、関東~東北など長距離の運行もあります。連続運転などの法的な理由でツーマン運行(助手席の乗務員と交代で運転)のある会社があったりして、コミュ障には辛いですね。そうじゃなくてもオッサンと3日工程でずっと一緒は地獄ですね (笑) 前2軸の単車が多めなので、けん引免許はなくても平気です。昼夜交代勤務はありませんが長距離運行がありますので時間は不規則になりがちです。

燃料ガス

【必須資格】大型自動車免許、けん引免許、高圧ガス移動監視者

LPG、LNGを配送します。1人1台専属車両のケースが多いです。「充てん作業者」の講習修了証、「高圧ガス製造保安責任者免状・丙種科学」などの国家資格が必要な場合もあります。LPGは単車、LNGはトレーラーがメインです。ちなみにエルピー、プロパンガス、LPガスはすべてLPGと同義語です。

産業ガス

【必須資格】大型自動車免許、高圧ガス移動監視者

液化酸素、液化窒素、液化アルゴン、液化炭酸ガスなどを配送します。「充てん作業者」の講習修了証、「高圧ガス製造保安責任者免状・丙種科学」などの国家資格が必要な場合もあります。単車が多めなので、けん引免許はなくても平気です。

食品ローリー・牛乳

【必須資格】大型自動車免許

液糖、みりん、牛乳などです。取り扱いに必要な資格はありません。食品を取り扱うので衛生面を厳しく管理しています。車両をキレイにする事はもちろんですが、運転手の作業服や、手、爪、髪なども清潔さを求められます。単車も多いので、けん引免許はなくても平気です。

資格の解説

大型自動車免許

ほぼ最低条件と考えて差し支えない大型免許。正確にいうと第一種大型自動車免許です。ガスで中型車も存在しますが、石油系は圧倒的に大型車が多いです。

けん引免許

トレーラーを運転するのに必要です。けん引免許については「ケミカルローリー」では不要な場合も多いです。「白油」と呼ばれるガソリンスタンドのマーク車に関しては必須です。トレーラー以外に、単車もありますが輸送の主力はトレーラーになってます。「ガスローリー」は、LPGはけん引免許不要な場合も多いです。あれば有利なのは間違いないです。「LNG」はトレーラーが主力、というか単車を見た事がないです。

牽引免許【けん引免許】の取得は教習所がオススメを読んでいただくとわかりますが、教習所でサクっと取得できます。

危険物取扱者

乙種第4類が理想ですが、ガソリンスタンドマーク車、ノーマーク車であれば丙種でも応募可能な過会社はあります。ケミカルローリーに乗務する場合は乙種第4類が必須です。講習なしで試験を受けれるので参考書を買っても5000円程度で取得可能です。

高圧ガス移動監視者

ガスローリー乗務では必須です。わりと簡単に取れるのでオススメです。費用は17000円程度です。

高圧ガス移動監視者【体験談】合格までの道のりも読んでみてください。

高圧ガス製造保安責任者

あると就職に有利程度です。なくても平気です。年に1回しか試験が開催されていないのでわりとハードル高いです。

まとめ

さまざまなタンクローリーの仕事や資格について解説しました。いずれの仕事も一般貨物のように重い荷物を運ぶ肉体的負担が少ないのは魅力です。60歳を超えても、嘱託として働いているベテランもいたりと、長く続けられるのも魅力です。石油・ガスの乗務員の平均年齢はかなり高いです。どの仕事がオススメかは一概には言えず、昼夜交代勤務、1人1台の専属車、資格の難易度、朝の早さ、拘束時間などを判断基準にして自分に合った仕事を選ぶのがベストかなぁと思います。昔は求人が出ておらず、企業に直接電話をして「乗務員の募集の予定はありますか?」と20件尋ねて1件引っ掛かかる程度でした。ドライバー不足と言われる中、大型免許、けん引免許や危険物取扱者など必要資格の多いタンクローリーでは、トラック業界よりもドライバーを集めずらい状況にあります。10年前、20年前では求人広告などなかった優良企業でも求人がある昨今は空前の売り手市場です。少しの努力で資格は取得できますので求人に応募してみましょう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました